ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-(未来編) 全12話

このアニメを評価する

投稿日:2016年9月27日 | 28コメント | , た行, 全話

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-(未来編) 全12話のあらすじ

『スーパーダンガンロンパ2』において、第一作『ダンガンロンパ』の主人公である「超高校級の『幸運』」苗木誠らは、「超高校級の『絶望』」江ノ島盾子の手によって「絶望の残党」に堕ちた希望ヶ峰学園の77期生である15人の生徒を救い出そうと独断で彼らを南洋の島「ジャバウォック島」に連れ出し、バーチャルリアリティーでの疑似体験によって人格の改善を行う更生プログラム「新世界プログラム」を受けさせた。人工知能「アルターエゴ」としてプログラム内に侵入した江ノ島盾子の妨害によりプログラムは「コロシアイ」を目的とした世界に変貌するが、生き残った77期生達と協力して江ノ島を打ち破った苗木達は、プログラムを脱した77期生達を南洋の島に残して帰還した。
しかし、苗木達が所属する、元・希望ヶ峰学園の関係者や生徒(OB)達を各支部の幹部に据えた世界再生を目的とした組織「未来機関」はこの事態を重く考え、苗木を重罪人として処刑するかどうかを論議するために、各支部の支部長たちは機関が所有する地図に記載されていない洋上の極秘施設に集まった。
支部長たちは苗木の処遇について過激派、穏健派、中立派に分かれたが、その最中に突如苗木達のいる施設が爆撃を受け、全ての入り口が完全に封鎖されてしまった。警備等で少数配置されていた未来機関の一般構成員も全員殺されており、未来機関の幹部たちと苗木は極秘施設で完全に孤立してしまう。
非常事態に張り詰める未来機関メンバーの前に、完全に滅されたはずの江ノ島盾子の化身、モノクマが映像で新たな「コロシアイ」の開催を告げる。一同の中に紛れている「裏切り者」を殺さない限り、毎晩一人が殺されていくという新たなルールで、希望の象徴たる未来機関同士の命を懸けたゲームが再び始まった。

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-(未来編) 全12話へのコメント

コメントを書き込む

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

新サイト開設

新しく動画共有サイトのアニメへのリンク集サイトを作りました。宜しければこちらもどうぞご覧ください。

animeでyoutube

カテゴリー