暗殺教室 全22話

このアニメを評価する

投稿日:2015年6月20日 | 77コメント | , あ行, 全話

暗殺教室 全22話のあらすじ

ある日突然、進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれ組・3年E組の元に政府の人間と、人間ではない謎の生物がやって来た。マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊して常時三日月の状態と化してしまった危険な生物は「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」ことを宣言したうえ、「椚ヶ丘中学校3年E組」の担任教師となることを希望した。

政府は最後の手段としていくつかのルールを設けつつ、3年E組の生徒に「謎の生物の暗殺」を依頼。生徒たちは最初こそ戸惑うが、「成功報酬100億」のために殺る気を出す。その生物=殺せんせー(ころせんせー)の存在とその目的を把握しているのは、日本をはじめ各国の首脳陣といったほんの一部の人間のみで、「殺せんせーの存在や殺せんせーの暗殺に携わっていることを、第三者へ絶対に口外してはならない。口外した場合は“記憶消去処理”を施される」「殺せんせーは、3年E組の生徒に危害を加えてはいけない。ただし、その家族友人は対象外」というルールのもとに生徒たちは殺せんせーを様々な手段で暗殺しようと試みるが、いつも殺せんせーの素早く謎に満ちた行動で阻止され、逆に殺せんせーによる手入れを受けることになってしまう。

しかし、いざ授業が始まってみると、暗殺を狙う者たちと狙われる者という異常な状況ながら、多くの生徒たちは殺せんせーの指導と手入れによってこの暗殺教室を楽しみ、今までの学校中から差別された底辺学級としてではない前向きな学校生活を送るようになっていく。その一方、生徒の他にも殺せんせーを暗殺するため、世界中から暗殺者が送り込まれてくるのだった。

暗殺教室 全22話へのコメント

  • 16話を見直して気付いたけど採点してる先生、よくあんな長い式をあのペースで丸つけられるな、それとも浅野学秀だからどうせあってるだろうっていう思い込みで丸つけてるからかな。
    式が少し長いのは中3で展開をやるから仕方ないけども。
    あと『ライ麦畑でつかまえて』って読んだことないけどどうなんだろう?
    瀬尾くんの完璧解答とか言っている「真実を知りたいのであれば僕はコックさんの顔を100回叩きたかった。」って日本語でも不自然だし仮に7点の問題だとしてもせいぜいくれて1,2点でしょ、「あれば」がなければまだマシな日本語になるけど。
    訳も全然違うし使われている原文を1章か1段落くらい見てみたい。

    • なげーよ しかしここはお前の日記じゃないんだがな?
      そんなのブログにでも書いておけ。

      • すまん、でも皮肉だな
        日記をやっても見る人がいないからまだ多く目に当たるここに書いてるわけで
        あと、全部読んだんだね、どうも

        • それはどっかのYD教師のブログか、どっかの旦那のブログでも参考に…
           
           
           
          それ無理か

    • 確かに2クールで22話は少ないな、でも原作にぼちぼち追いついているしまぁ妥当な気がする。2016に2期があるみたいだし。
      そこで例の授業や問題が出てくるはず…

コメントを書き込む

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

新サイト開設

新しく動画共有サイトのアニメへのリンク集サイトを作りました。宜しければこちらもどうぞご覧ください。

animeでyoutube

カテゴリー