特例措置団体ステラ女学院高等科C3部 全13話

このアニメを評価する

投稿日:2013年9月27日 | 60コメント | た行, , 全話

特例措置団体ステラ女学院高等科C3部 全13話のあらすじ

名門私立校『ステラ女学院中等科』の“コミッククリエーションクラブ”(=略称C3部)を舞台に繰り広げられる、まったり&ゆるゆる、JC(女子中)ライフを描くオリジナルコミックストーリー。
普段は部室に入り浸って、マンガの研究と称してお茶菓子を食べながら、マンガを読みあさっている彼女たちには、隠された裏の顔があった--!
それは、悪の手から学院の平和を守る特殊治安維持部隊……『コマンド・コントロール・コミュニケーション』を名に冠した、“特例措置団体ステラ女学院C3部(シーキューブ)”である。
理事会より特命を受け、数々の治外法権を得て活動しているC3部ではあるけど、そんな大それた問題も起こるわけもなく……。彼女たちの日々の悪戦苦闘・七転八倒・抱腹絶倒のドタバタ喜劇を描きつつ、C3部に入部するハメになった、“霧島蓮都(きりしまれんと)”の人間的成長もちょこっとだけ描きます。

特例措置団体ステラ女学院高等科C3部 全13話へのコメント

  • 12話の酷さに脱帽。
    最初からこんな感じにしとけばいいものを、前回までのシリアスっぷりはどこいったんだよ。8話ぐらい別アニメだったぞ。
    あと最後の方に主人公が使った固有結界どういうことなのか誰か教えてくれ。

    • 多分ゆらの持ってる『世界を変える力』じゃないかな。
      正確には思ったとおりの世界を発現させるものだと思うんだけど(5円玉狙い打った時に一度発現したアレ。)、確かに説明不足感が半端じゃぁない。
      確かにこのアニメは最初から12話みたいな流れで、シリアスいらなかったと思う。
      でもまあ、最後までシリアス続けるよか数倍良かったってことで。

      • こんなコメに丁寧に教えてくれてありがとう。
        俺的には闇落ちしたゆらがどこまで行くのか楽しみだったのがあるから、12話で全部無かったかのように振舞ってるのがちょっと気に入らなかったんだ。メンバーに一言も謝罪ないのもなんかね。
        でも原作は内容全く違うみたいだから、今回はスタッフのおふざけということで…。

    • シリアス入れたことで印象に残ったのは間違いないしね 普通にワイワイサバゲーやるよりは(笑)

コメントを書き込む

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

新サイト開設

新しく動画共有サイトのアニメへのリンク集サイトを作りました。宜しければこちらもどうぞご覧ください。

animeでyoutube

カテゴリー

現在放映中アニメ一覧