ガンダム Gのレコンギスタ 全26話

このアニメを評価する

投稿日:2015年3月29日 | 91コメント | , か行, 全話

ガンダム Gのレコンギスタ 全26話のあらすじ

宇宙移民と宇宙戦争の歴史であった「宇宙世紀」の終焉後に迎えた、次の世紀「リギルド・センチュリー(R.C.)」。 苦難の時代を乗り越えて、新たな時代を迎えた人類の営みと繁栄は、平和と共にこのまま続いていくものと思われていた。

R.C.1014年。地球のキャピタル・テリトリィに所属不明の謎のMSが1機降下した。 その機体を拿捕せんとするキャピタル・ガードと、アメリアの秘密部隊と噂される「海賊部隊」との間で衝突が発生、その小競り合いの中、謎のMSから飛び出したパイロットの少女はキャピタル・ガードが捕捉し、謎のMSは海賊部隊の手に渡る。

その事件の後日、キャピタル・ガード候補生のベルリ・ゼナムは、初実習の最中、先日の事件の発端となったMS「G-セルフ」の襲撃を受ける。 作業用MSで応戦したベルリは、その鹵獲に見事成功する。だが、G-セルフを操縦していた「アイーダ・レイハントン」と名乗る宇宙海賊の少女に、何か不思議な感覚を感じていた。それは初めてみたはずのG-セルフに対しても同じだった。 そして、特定条件を満たさなければ起動しないはずのG-セルフを、ベルリはなぜか起動させてしまう。 「G」に選ばれたベルリがたどる運命、アイーダら宇宙海賊が戦いに身を投じる理由とその目的、それらの果てに待ち受けるR.C.全体を揺るがす真相。

すべては「レコンギスタ」の始まりに過ぎなかった。

ガンダム Gのレコンギスタ 全26話へのコメント

コメントを書き込む

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

新サイト開設

新しく動画共有サイトのアニメへのリンク集サイトを作りました。宜しければこちらもどうぞご覧ください。

animeでyoutube

カテゴリー

現在放映中アニメ一覧