小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜

このアニメを評価する

投稿日:2014年2月16日 | 23コメント | , た行, 劇場版

小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜へのコメント

  • もうそろそろアニメ見ようと思うのだが、過去の厨二病のトラウマのせいで未だに見ることができない(涙)

  • 酷い、酷すぎる!こんなに酷い劇場アニメは久々に見た。
    何が酷いかと言うと、総集編パートである。総集編とは物語を簡潔にまとめたもの──つまり、この作品を見る人が初見であっても物語自体は理解出来るように作らなければいけない。それが総集編である。
    1期の物語の大事な部分を簡潔に述べると、中二病である六花が勇太に恋をして二人の交際が始まる。六花の母親が勇太の前に現れ、弁当を渡す様に託される、六花の母親の思いを知った勇太が六花に中二病を止めさせる。六花が母親と共に亡父の墓参りに行く。そして、途中出会ったくみんに邪王真眼を託する。
    六花が実家に戻ってから暫く経ったある日一通のメールが届く。それは彼女自身の過去、並びに勇太との訣別を意味していた。
    勇太はくみんから六花が邪王真眼を宿した理由を聞き六花を向かいに行き、六花は心のわだかまりであった父との離別を叶え、ありのままの自分で生きることを選んだ。という感じだろう。
    だが、劇場版の総集編パートでは、その大部分を中二病エピソードに費やして肝心な物語部分が破綻している為に見ていて全く内容が理解出来ない。六花の語りとした事でああいう回想のしかたにした作り手側の意図は理解出来るが、見ている側の事を考えた作りをしてほしかった。ハッキリ言って、1期を見た者でないと全く理解出来ないし、内容がない分見ていて苦痛だ。
    これなら、総集編パートをまるまんまカットして、30分位のSpecialとして単なる1期と2期の繋ぎとしたエピソードとしてくれた方がどれだけ良かったか……。
    1期を全部見てからこの劇場版の前半部分を見て、総集編パートを全部飛ばして後半部分を見てから2期を見るのが、この劇場版を含んだ『中二病でも恋がしたい!』の良い見方ではなかろうか……。

  • これ見て思った せっかくの1500円返せと…映画代金返せーってレベルでしたねwww まあでも好きなんで気にしないですがw

  • まあこれは 上映されたものと同じと言うことがわかったので まあ釣りではありません笑

コメントを書き込む

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

新サイト開設

新しく動画共有サイトのアニメへのリンク集サイトを作りました。宜しければこちらもどうぞご覧ください。

animeでyoutube

カテゴリー

現在放映中アニメ一覧