妹さえいればいい。

このアニメを評価する

投稿日:2017年10月23日 | 6コメント | あ行, , 現在放送中

妹さえいればいい。のあらすじ

妹バカの小説家「羽島伊月」の周囲にはいつも個性的な人物が集まっていた。銀髪碧眼美少女の「可児那由多」。彼女は小説家仲間として伊月の部屋によく遊びに行っている。そして、恋、友情、そして夢に悩む青春を謳歌している「白川京」。彼女は伊月が大学を辞める前までは伊月の同級生だった。凄腕税理士の「大野アシュリー」。天才イラストレーターで伊月のことを慕う「ぷりけつ」。伊月と同期デビューした小説家であり、良き友でもあり、ライバルでもある「不破春斗」。伊月の弟?とされ、完璧超人の「羽島千尋」。4巻から登場の伊月の作品のコミカライズを担当することになった漫画家「三国山蚕」。そういった、伊月の周りで起こる様々な事態へこれら登場人物は巻き込まれていくのであった。

妹さえいればいい。へのコメント

コメントを書き込む

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

カテゴリー

現在放映中アニメ一覧